鏡を持つ女性

肌に合ったものを選ぶ

化粧水をかける女性

最近のエイジングケアに必要な製品は、肌質別にシリーズとして美容液などが販売されています。
肌質とは、乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌という四種類に分けられるので自分がどのタイプの肌質なのか知ることが大切です。

乾燥肌は、水分と美容成分が足りないせいでカサカサとした肌質になってしまいます。その為、エイジングケアの製品を利用する時は水分補給と保湿効果を期待できるものを使用したほうがいいでしょう。
美容液も、乾燥肌を改善できる製品が豊富に含まれているのでそういったものを利用して効果を実感してみるといいでしょう。
脂性肌は、毛穴からの皮脂分泌が過剰なせいで、テカった状態の肌になってしまいます。これは、毛穴が皮脂で詰まってしまい、大人ニキビやニキビ跡の原因を作りやすい肌質になります。
これは、皮脂分泌を抑える為に調整作用や抗酸化作用のあるプラセンタを豊富に含んだ美容液が効果的です。
混合肌は、乾燥している部分と皮脂分泌が過剰になっている部分に分かれます。その為、脂性肌と同じで調整作用のあるプラセンタが効果的になります。
プラセンタは、皮脂分泌と水分を上手く調整する作用がありますので、美容液で肌へ浸透させられるようにすれば肌質改善に繋がります。

肌質の中で最も厄介なのは、敏感肌です。これは、肌のバリア機能が低下していることでちょっとした刺激でも肌荒れを起こしてしまうことがあります。
これは、肌の細胞が活発に働いていないせいで起こるので、細胞の働きを活発にさせる為に美容成分を浸透させやすい環境に整える必要があります。
ですから、敏感肌用の美容液を使用することで肌質改善へと繋がるようにエイジングケアを行なったほうがいいでしょう。